オーストラリア訪問記 5

いよいよ今日はゴールドコーストにある学校に訪問してみましょう!ゴールドコーストと言えばサーファーズパラダイスですね。この立地でトラムの駅からも近くにビーチまでも徒歩圏、近くににはレストランやカフェ、ショッピングモールもあって超便利な場所にあるのがLangportsゴールドコースト校です。Langportsは他にもブリスベンやシドニーも校舎があります。ラングポーツの一般英語コースはUFOEnglishと呼ばれ生徒の得意不得意に合ったクラスで勉強が出来るようになっている独自の英語コースを提供し総合的に英語力を高め実践的で使える英語を学ぶことが出来ます。

サーファーズパラダイスからトラムで南に15分ほど行ったところにサウスポート(Southport)と言う街にはShafstonゴールドコースト校とBrownsゴールドコースト校がありますので覗いて見ました。Shafstonゴールドコースト校は、Southport駅から徒歩5分ほどで目の前には大きなショッピングモールがあって生徒がエントランスのテラスでランチタイムを過ごしてました。1つの建物が校舎になっていて落ち着く感じです。
その裏手に回るとBrownsゴールドコースト校があってモダンなビルディングでとてもおしゃれな感じの校舎でした。恐らくサウスポートはもっとローカルな生活圏の街のようなのでメリハリをもって勉強が出来る環境かと思いますね。

今回いろいろとオーストラリアの街に行ってみて、アクティブで少し英語に慣れている方にはメルボルンやブリスベンがおすすめだと思いますが、初めての海外に行かれる方や英語に自信がない方にはバイロンベイやゴールドコーストがおすすめだと思います。個人的にはゴールドコーストとバイロンベイで良かったですね。やっぱり海の側でのんびりすることも出来て都会までもそう遠くない距離感が落ち着きます。バイロンベイやゴールドコーストで英語の基礎力を身に付けてから都会に移るのがいいのではと思いますね、個人的には。皆さんはどう思いますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*