【2020.02.12更新】新型肺炎(コロナウィルス)への各国の対策について

新型肺炎(コロナウィルス)への各国の対応を下記にまとめます。

国名 概要 リンク

アメリカ

14日以内に中国への渡航歴がある場合は入国不可

香港への渡航歴の制限はなし

米国市民または永住者(および一部の旅行者)は、検査体制が強化されている特定の空港に到着することは認められています

在日米国大使館・領事館HP

オーストラリア

2月1日以降、中国・香港で滞在または中国の空港で乗り継ぎをした場合は入国不可

(AUS市民・永住者およびその近親者は対象外)

International Air Transport Association(英語サイト)

ニュージーランド

2月1日以降、中国本土に滞在または通過した場合は入国不可

(NZ市民・永住者およびその近親者は対象外)

ニュージーランド政府の旅行者への勧告(英語サイト)

フィリピン

14日以内に中国または香港への渡航歴がある場合は入国不可

フィリピン入国管理局のプレスリリース

イギリス・フランス・ドイツ

入国時に感染の疑いがある場合は14日間拘束隔離される可能性あり

 

2-3日に一度程度更新いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*