L.C.A.が格安の訳!
L.C.A.は語学学校などの正規料金+実為替レートでご案内しているからです!

L.C.A.は料金を全てクリアにしてお客様にお伝えしております。

留学を考えられたとき、「留学って高い!」ってイメージを持たれている方が多いかと思います。そして、留学を諦めてしますこともあるかと思います。留学斡旋会社によって同じプランであっても留学費用が違っていることが多々あります。その多くが何らかの手数料や無駄なサポート費用などが付帯されているからです。では、実際にどんな費用が留学には必要なのか見てみましょう。
留学にかかる費用
留学に必要な費用は、国や都市、学校や期間、コースや滞在方法などによって大きく異なります。語学留学の場合を参考にご紹介しますが、留学費用として絶対に必要なものは以下の図の通りになります。一見複雑な感じがしますが、渡航前と渡航後に必要になる費用。渡航前では、プログラム費用とその他の費用に分けることができます。プログラム費用は、学校の料金表に全て記載があります。その他の費用で留学保険は保険会社によって定められています。航空券は、旅行会社や航空会社によっても異なりますが、留学希望者ご自身で手配する事も可能です。

 

基本となる留学費用の内訳

 入学金・授業料・教材費(概ね現地払い)

 滞在費(ホームステイ費用・学生寮・シャアハウスなど)

 航空券代金(シーズンや手配時期などによって異なります。)

 留学保険(期間によって変わります)

 ビザ申請費用やパスポート取得費用など

 現地生活費(交通費や食事代など)

スライド1

1.学校費用
プログラム費用の大半は、授業料になります。期間やコースによって異なります。学校によって提供されるコースは違いますが、主に一般英語の場合週20レッスンと週30レッスンと授業の時間数の違うコースを提供しております。短期で行かれる方と長期で行かれる方でも変わりますが、自由な時間を多くされたい方は週20レッスンをおすすめします。しっかりと勉強をされた方には週30レッスンがおすすめです。期間にもよりますが、最初から授業時間の長いコースを受けるより様子をみて現地で調整できるように最低限の時間数で手配されるのがいい場合もあります。L.C.A.では、最小限のコースでお考えになることをおすすめしておりますが、留学斡旋事業者の多くは授業時間の多いコースのみを提案するケースがありますので、注意が必要です。また、現地での延長も可能ですので、コース内容をしっかりと確認されることをおすすめします。
2.滞
在費
現地の滞在先としては、ホームステイがポピュラーではあります。学生寮と料金を比較した場合、割高な感じがありますが、ホームステイ費用には「食費」が含まれているので現地での生活に慣れていない方には、最初ホームステイが安くなるかと思います。長期留学の場合は、現地での生活に慣れてからアパートメントやシャアハウスなどの家賃の安いところに移るのが良いかと思います。
概ね留学斡旋事業者は、ホームステイをおすすめしますが、学生寮やその他の滞在方法もありますので、それぞれのメリット・デメリットを確認されて自分に合った滞在方法を選択されることをおすすめします。また、滞在に関しては現地で延長をする事が可能な場合が多いので、特にホームステイの場合は現地での延長をおすすめ致します。
3.
航空券
L.C.A.では、格安の航空券を取り扱う旅行会社様をご紹介させて頂いております。また、ご自身で手配する事も可能です。ご自身で手配する場合は、出発日や現地到着時間などのアドバイスをさせて頂いております。
航空運賃は、手配する時期によって大きく変わります。年末年始やゴールデンウィークなどのピーク時は料金が高くなったり手配が難しくなったりしますので、早い時期にお手配をされることをおすすめしております。
4.食費
留学費用の試算で、忘れがちなのが現地での食費です。
ホームステイをされる場合は、滞在費に予め食費が含まれているのでお昼の食費や週末に外出される場合の食費などを考えて頂ければと思います。学生寮などの食事の付かない滞在方法を選んだ場合は、外食が多くなり食費がかさんでしまうことが多くあります。できるだけ自炊をされることをおすすめします。国によっては、外食は日本より高いことが多いので現地の生活に慣れるまではホームステイをおすすめします。
5.交通費
現地での移動手段として公共の交通機関などを利用する事になりますので、留学費用の試算をするときに忘れないようにする必要があります。学校に通う、放課後や週末など、街に出かけたり、観光に出かたりする際にも必要です。語学学校に通う場合は、国や都市によって異なりますが、概ね1か月あたり1万円~15千ぐらいを目安にされるといいと思います。
6.お小遣いなど
国ごとに物価が異なりますので、どこの国や街で留学するかで変わります。また、観光やアクティビティなどを多くされる場合は、別途お小遣いとして試算されることをおすすめします。平均的なお小遣いは、月3万~7
万円ぐらいと言われています。お客様のライフスタイルや渡航目的に応じて、予めお考えになられることをおすすめします