ワーキングホリデーで2か国留学編

今では、2か国留学の王道とも言える、フィリピンで語学留学をしてからオーストラリアやカナダなどでワーキングホリデーをするステップアップ型の留学スタイルです。フィリピンでは、英語力をインプットし、2か国目はワーホリで使う、アウトプットするイメージになります。フィリピン留学と言えば、比較的安価でマンツーマン授業で授業時間数も多く、合宿スタイルで英語を集中的に学ぶことができ英語に自信がない方でも基礎からしっかりと学べるのが特徴。英会話に自信がない方でもワンツーマン授業であれば、安心して英語を話す自信を付けることができると思います。
但し、フィリピンの留学にはメリットばかりではありません。デメリットもあります。
☆フィリピン留学のメリット☆
① フィリピン留学の最大の特徴でもあるマンツーマンレッスン。
② 英語圏の語学学校に比べると授業のクラス数が多い
③ 
日本から近いので、航空券代が安く手配ができる。
④ 滞在方法が基本施設内にある学生寮なので、通学が不要
⑤ ビザ手続きが簡単。現地でビザ申請ができる。
⑥ 英語の勉強に専念ができる
⑦ フィリピンならではのアクティビティが楽しめる
 ☆フィリピン留学のデメリット☆
元々、フィリピンでの語学留学を始めたのはお隣の国、韓国です。そして、2か国留学早くから取り入れてきたのも韓国です。欧米諸国に留学をする前に、安価で近いフィリピンで集中的英語を学んでから欧米での進学や仕事をスタートさせるため、安く留学できるフィリピン留学が始まりましたが、そこで日本も同じ留学スタイルを取り入れたのです。
① そう、フィリピンの語学学校は日本人や韓国人留学生が大半を占めていることです。
② アジア系が多い為、国際感覚や異文化体験といった感じにはならない。
③ マンツーマンレッスンを主体とした授業の為、移民国家でもあるカナダやオーストラリアなどで英語を聞き分ける耳が育ちにくい。
④ 中級レベルぐらいの方であれば、フィリピンで留学をするより直接目的の国へ渡航するのが無駄がない。フィリピン留学を考えるのであれば英語をブラッシュアップする程度と考え2か月ぐらいに留めることをおすすめします。
⑤ 物価も安く安価なフィリピン留学ですが、ある程度の生活環境を確保すると高くなる。
⑥ 門限などがあったり、外出が制限される学校もあるので休まらないこともある。
⑦ 地域によっては治安面が不安だったり、衛生面の不安がある。

ワーキングホリデーで2か国目フィリピンで英語の基礎力をしっかりと身に付けてからオーストラリアやカナダで短期間学校へ通いながらワーキングホリデーの為の準備ができる2か国留学の定番スタイルです。

2か国留学 フィリピン語学留学&カナダワーキングホリデー留学
L.C.A.おすすめ2か国留学 パート4

スライド8

カナダのワーキングホリデー
18歳から30歳(申請時)までの方に1年間の入国と滞在期間中の就労を認めるもので、就学できる期間は6か月間となってます。
比較的仕事が見つけやすく生活費も安く抑えられ生活のし易さから人気も高いです。就労制限がなく自由度の高いワーキングホリデーが可能です。ホテルや飲食店なども多く仕事が見つけ易く情報も集め易い。カナダは教育水準も高くしっかりと会話力を身に付ける準備ができる環境です。また費用も比較的安く抑えることができます。

☆フィリピンとカナダワーキングホリデー留学プラン☆
 フィリピン3ヶ月+カナダ2か月の場合、目安の留学費用は約70~90万円(学費と滞在費を含む)
フィリピン2ヶ月+カナダ1か月の場合、目安の留学費用は約45~70万円(学費と滞在費を含む)
留学費用は、学校やコース、期間や滞在方法などによって異なりますので、英語力やご予算に応じてご提案をさせて頂きます。その他、航空券代、留学保険や生活費などが必要になります。無駄の無いプランをご提案させて頂きます。

フィリピンのおすすめ語学学校

カナダのおすすめ語学学校

logo_round

E room logo

idea2

logo

11161340_1091192254230364_182375403758260244_n

EV academy

letter logo

VGC International College - Logo_Purple_rgb

VIC logo1

ILSC logo 1

inlinggua logo

Quest language studies logo

2か国留学 フィリピン語学留学&
オーストラリアワーキングホリデー留学
L.C.A.おすすめ2か国留学 パート5

スライド6

オーストラリアのワーキングホリデー
18歳から30歳(申請時)までの方に1年間の入国と滞在期間中の就労を認めるもので、就学できる期間は17週間となってます。
高水準の時給が魅力ではありますが、非居住者に対する所得税率も高め。同一雇用主の基での就労制限があり6か月間となっています。ホテルや飲食店など多くの仕事が見つけやすく都市の選択肢もあるので、色々なオーストラリアの魅力を体験でき、多民族・多文化国家でもある為グローバルな視点を養うこともできるかと思います。

☆フィリピンとオーストラリアワーキングホリデー留学プラン☆
 フィリピン3ヶ月+オーストラリア2か月の場合、目安の留学費用は約80~100万円(学費と滞在費を含む)
フィリピン2ヶ月+オーストラリア1か月の場合、目安の留学費用は約50~70万円(学費と滞在費を含む)
留学費用は、学校やコース、期間や滞在方法などによって異なりますので、英語力やご予算に応じてご提案をさせて頂きます。その他、航空券代、留学保険や生活費などが必要になります。無駄の無いよなプランをご提案させて頂きます。

フィリピンのおすすめ語学学校

オーストラリアのおすすめ語学学校

logo_round

E room logo

idea2

logo

11161340_1091192254230364_182375403758260244_n

268591_487152427989810_628402839_n

UHE2-new-01

logo

Langports English Language College_HD

browns-logo-300dpi

2か国留学 フィリピン語学留学&
ニュージーランドワーキングホリデー留学

L.C.A.おすすめ2か国留学 パート6

スライド7

ニュージーランドのワーキングホリデー
18歳から30歳(申請時)までの方に1年間の入国と滞在期間中に就労を認めるもので、就学できる期間は、最長6ヶ月あります。
豊かな自然と穏やかな人々が暮らす魅力のある国です。イギリス文化の影響を受た生活や食文化があり、ファームや温泉も多くリフレッシュしたい方にもおすすめです。また、イギリスの教育制度に基づき作られた高い教育水準と環境で学ぶこともできます。

☆フィリピンとニュージーランドワーキングホリデー留学プラン☆
 フィリピン3ヶ月+ニュージーランド2か月の場合、目安の留学費用は約80~100万円(学費と滞在費を含む)
フィリピン2ヶ月+ニュージーランド1か月の場合、目安の留学費用は約50~70万円(学費と滞在費を含む)
留学費用は、学校やコース、期間や滞在方法などによって異なりますので、英語力やご予算に応じてご提案をさせて頂きます。その他、航空券代、留学保険や生活費などが必要になります。無駄の無いよなプランをご提案させて頂きます。

フィリピンのおすすめ語学学校

ニュージーランドのおすすめ語学学校

logo_round

E room logo

idea2

EV academy

11161340_1091192254230364_182375403758260244_n

logo

nzlc-logo(1)-460x149_561ee5acb1247

WWSE logo

Edenz logo

KIE Logo Stacked Large (Web)